経口避妊薬のトリキュラーを服用する場合には使用上の注意をよく読んでから正しい方法で服用しないと避妊の効果が全くありません。いつから服用すれば良いのか迷った場合には生理の初日と決めておくと飲み忘れなどを防ぐことができます。トリキュラーは低用量ピルとして医療機関などで処方を受けることができるのですが、服用方法が特殊なので忘れてしまう恐れがある場合には偽薬を含んだものを処方してもらうと毎日決まった時間で服用するだけなので飲み忘れることがなくなります。トリキュラーは経口避妊薬として一般的に服用されている薬なのですが、副作用として血栓症のリスクがあるので、喫煙をしている35歳以上の女性には処方されないことがあります。経口避妊薬はほとんどの場合は低用量のものが処方されるので、副作用としてはどのタイプの薬にも血栓症のリスクの上昇があるので、経口避妊薬を服用するときにはタバコを控えなければなりません。トリキュラーは低用量ピルなので副作用は比較的少ないとされているのですが、飲み忘れると生理でないのに出血をしてしまったり、下腹部が痛くなることがあります。また生理の初日から21日間飲み続けて、その後に7日間薬の服用を中止しなければならないので、服用方法が多少複雑になります。避妊の効果としては97%以上の確率で成功するのですが、一度でも飲み忘れてしまうとその後の2週間は避妊効果がなくなるので、男性がコンドームを使用しなければなりません。女性ホルモンのバランスを変化させる薬なので、安易な服用は非常に危険なので必ず医師や薬剤師の指導に従って服用しなければならないのですが、ネットで購入する場合にはマニュアルを必ず読んでから服用することが大切です。