トリキュラーは避妊に効果のある低用量ピルなので、利用している女性は非常に多いですが、薬を飲まない7日間の休薬期間を除いて、毎日のように飲まなければならないので、それなりの出費を覚悟しなければなりません。
トリキュラーはクリニックへ行けば処方してくれるので、一般の薬であれば保険適用により、3割負担で済むのですが、トリキュラーは保険適用外になりますから、全額実費で負担しなければなりません。
トリキュラーだけではなく、他のピルも保険適用されていないため、ピルを使用する際は、すべて自己負担になってしまうのです。
そのため総合病院や産婦人科など、訪れるクリニックによって値段に違いがありますが、大体28錠入りのトリキュラー28で、2,500円~4,500円というのが相場のようです。
クリニックでは他にも診察代や検査費、交通費などもかかりますから、人によっては毎回5000円以上は支払うことになるでしょう。
避妊できるなら安いと思える人もあるでしょうが、収入の少ない人にはそうではないので、もっと安い方法で手に入れられないかと、悩んでいる方もあるかも知れませんね。
そんな方は自己責任になりますが、個人輸入代行通販を利用することをおすすめします。
インターネットで探せば、海外の薬を取扱っている個人輸入代行通販のサイトを見つけることが出来るので、そこから注文すれば、トリキュラーを自宅まで送ってもらうことが出来ます。
医師の処方箋などは必要ないため、気軽に利用できますが、自己責任で服用しなければならないので、出来るだけ信頼性の高いサイトを選ぶことが大切です。
中には偽物を送ってくるようなところもあるので、よく調べてから注文するようにしてください。