ピルは避妊効果だけでなく、生理の悩みを解消したり、ホルモンバランスによる肌のトラブルを改善したりという効果も得られます。ピルの中に含まれている「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった女性ホルモンで身体のホルモンバランスを補うため、このような効果を得る事ができるのです。
ただ、女性ホルモンを多く薬で摂取すれば、より高い効果が得られるのかというと、そうではありません。女性ホルモンの含有量が多いと、むくみや吐き気等の副作用を引き起こしやすくなります。また、特にエストロゲンを多く摂取してしまうと、血栓症や子宮頸がん、乳がん等のリスクが高まります。なるべく身体に負担を掛けないため、エストロゲンやプロゲステロンの含有量を抑えた低用量タイプが人気です。中でも「トリキュラー」は、病院でもよく処方される薬です。
トリキュラーは、病院で処方される薬です。しかし、薬の購入には健康保険が使用できません。自由診療扱いとなるため、病院によってトリキュラーの値段はまちまちで、検査料の有無などの違いもあります。また、再び購入する際にも病院へ足を運ばなければなりません。
トリキュラーを飲み続けるには、健康保険がきかない薬代と診察料が必要で、金銭的に負担を感じるという人もいるでしょう。そのような場合は、個人輸入でトリキュラーを購入するというのも一つの手段です。
海外製のトリキュラーを購入すれば、健康保険のきかない薬でも安く購入できます。また、通販を行っている輸入代行店を利用すれば、わざわざ出かけなくても薬を手に入れる事ができるようになります。
ただし、中には偽物の薬を売りつけるという店もあるので、トリキュラーの購入は信頼性の高いところを選びましょう。