日本の場合、海外とは違い、トリキュラーを購入する際に処方箋が必要です。これは日本ではトリキュラーを含む低用量ピルが処方薬として扱われているためです。つまりトリキュラーをはじめとする低用量ピルを購入したい場合にはまず、産婦人科や婦人科などで医師の診察、検査等を受けていく必要があるのです。
通常、トリキュラーの処方箋を出してもらうためには問診や簡単な血液検査は行うことがありますが、それ以上の本格的な検査はあまり行いません。もちろん、それが治療目的の場合は話が別ですが、避妊目的での使用という場合にはごくごく簡単な診察内容で入手が可能です。ただ、気になるのはそのお値段です。
受診する医療機関によってそのピルシートの金額は異なってきますが多くは3000円前後の費用がシート一枚当たりにかかってくる費用です。この費用が約一か月に一度の割合で必要になってくるのですから、人によっては負担に感じてしまうこともあるのです。
そこで、このトリキュラーを激安で購入していくにはどうすればいいのでしょうか。それは通販サイトを活用すればいいのです。ネット通販では海外で販売されているトリキュラーを個人輸入という形で購入することができます。この場合、処方箋がなくてもピルを購入することができるので、その分激安価格で商品を入手することができます。
ただ、この激安の購入方法を活用する場合にはある程度そのピルに体が慣れていることが前提となってきます。トリキュラーをはじめとする低用量ピルは飲み始めの数週間で副作用となる症状が発生します。その症状の程度によっては服用を中止したり、薬を変更する必要もあるのです。ある程度飲み続けているピルに関しては問題はありませんが、ピルの服用自体が初めてという人は注意しておきましょう。