経口避妊薬であるトリキュラーは、避妊効果が高く、多くの女性が利用していますが、副作用として食欲増進効果があると言われているため、服用すると体重が増えてしまうケースがあります。

臨床試験によって得られたデータでは、体重の増減が2kg前後とされていますが、服用する個人によってかなり差があります。処方される際、医師や薬剤師から副作用として、吐き気や頭痛、少々の体重増加が起こる可能性がある、と言われる程度の注意です。

トリキュラーによる体重増加が起こる原因として考えられるのは、トリキュラーを内服をすることで食欲がわくということがあります。中用量ピルを飲み始めると、脳が妊娠しているものであると錯覚してしまい、飲んでいる人は、妊婦のように食欲が旺盛になったり、胎児の育成のために栄養をため込むといった、妊娠期と同じような状態になるために、食欲が増してしまうと考えられています。

女性ホルモンには、食欲を抑える作用のあるエストロゲンと、食欲を出すプロゲステロンがあります。中用量ピルには、エストロゲンの分泌を抑え、生理が終わった状態を作り出すという作用がありますが、ピルを服用すると、食欲が増すプロゲステロンは活発になってしまうため、このことから中用量ピルを飲むと太ってしまうと言われているのです。

しかし、中用量ピルを服用したからといって必ずしも太ってしまうわけではなく、自ら食事制限を行うことで太るのを防ぐことができます。食事の見直しとともに、適度な運動を行うなど、太らないように心掛けましょう。

トリキュラーを服用して急激に体重が増えたという場合は、体質と成分が合わない可能性もあるので、医師に相談し、違う中用量ピルに変えてもらうことをオススメします。

ピルを通販で購入してみよう!